« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.21

インドゾウ

R0012540
気がつけばもう年末。この毎年加速する感覚はどういうことだろう。年明け早々アフリカへ1ヶ月程取材へ出かける。最近はアジア、アフリカ方面ばかりで、湿気や土埃がすごいから機材にも負担がかかる。新品の機材が2、3日で年季の入った代物へと様変わりする。航空会社も北米路線に比べて荷物の重量が厳しくて、毎回カウンターで話し合いに発展する。これはかなりの消耗戦だ。成田ではJALとANAが提携先の業務を請け負っていて、JALは全然融通が利かないから、最近はANAが提携している路線を出来る限り選んでいる。観光ならたいした荷物じゃないから問題ないけど、取材となると機材一つのグラム単位の重量が、積み重なって大きく影響する。成田からさっそく一つの山場を迎えるのだ。9.11以前は何をどんだけ持っててもおとがめなしで、メチャクチャおおらかな時代だったなと、つくづく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.14

Secret2011

Imgs
RING CUBEにて本日から25日まで心で感じる写真展開催。
僕の写真はどれでしょう?

昨日はトラ・ゾウ保護基金主催の生きもの達の鼓動展に行ってきた。動物たちをモチーフとした絵画やオブジェの展示。写真もそうだが、絵画は作者自身が色濃く出るものであり、作品も千差万別。スッと流してしまうものもあれば、何かが足を止めさせるものもあった。注目している作家の作品は今回も魅せてくれた。夜からは京橋でトンボの田中さん哲っちゃんなど6人で柏崎博物館の学芸員の佐藤さんを囲み、普通は手に入らないという世にもありがたい新潟の日本酒を飲む。濃厚で甘みのある凄い酒だった。さすが佐藤さん、いい酒知ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.08

インドから帰国

R0012660
インドは寒かった。昼の日差しは強くて暑いのだが、朝晩は寒い。特に朝の撮影は幌無しのジープで走るので、かなり冷えた。いらないかと思ったが、ダウンジャケットを持って行って正解。目当てのトラがなかなか姿を現さず、一枚もシャッターを切らない日があり、野生動物を相手にしていることをつくづく痛感した。それでも終わってみれば何カットかは撮れたので、行った甲斐は十分にあった。濁流が渦巻くような街の様子は衝撃的で、初めての目には何を見ても面白い。カリー(と呼ばせてもらう)も豆やチキンや野菜などいろんな種類があり、どれもうまかったが、ガイドのシンさんの家で食べた奥さん手作りのカリーが一番うまかった。サイコロ状のカッテージチーズの入ったのが気に入った。近いうちにまた行ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »